越中おわら 風の盆
2004/9/3夜町流し

所用があり金沢の実家へ3泊4日の小旅行。以前から見たいと思っていた富山八尾の
「風の盆」に合わせて出かける。期間は9/1〜9/3までの3日間です。「越中おわら」の歴史
は古く元禄15年(1702年)とか、210日の台風と五穀豊穣を願う祭りとして踊り継がれている
そうです。

日暮れとともに八尾の町には、このようなボンボリ
に火が入り幻想的な雰囲気に染まります
三日目のは夜は町流しがあります。これは三味
線太鼓、胡弓の哀愁をおびた音色に合わせてそ
れぞれの町内を踊り流します。
編み笠の間から少し顔をのぞかせる姿は実に
幻想的て優美・・・・しなやかな手の動きに見とれ
てしましました
独特の節回しの唄に合わせて、しなやかに静かに
踊るのですが、今では観光客が多すぎて道幅を確
保するのも大変のようです
本当はフラッシュ等禁止で、ボンボリの明かりの間
を優雅な仕草で踊る姿を静かに楽しむのが「越中
おわら」の楽しみ方だそうです
八尾は縦に細長く坂の多い街です。各町内の所定の場所で踊ります。踊りは3種類「豊年踊り、
男踊り、女踊り」。1日〜2日は輪踊りに観光客も参加出来るそうです。三日目は町流し、5〜6人
集まれば静かな場所を求めて踊り流すそうです。゜おわら゜は情緒ある雰囲気をとても大切にして
います。観光客にその辺の所を理解して貰うため苦労しているようでした。



HOME